HOME -> SEO用語解説 > ピンポイントな固有名詞はコンバージョン率が高い

SEO用語解説 - ひ

ピンポイントな固有名詞はコンバージョン率が高い

商品名やブランド、社名などの固有名詞は、ユーザー、見込み客が検索する目的がはっきりしているため、コンバージョン率が非常に高い。ただし、他社の商品名を安易に使用すると他社の商標を侵害してしまう場合があるので、最新の注意を必要とします。例えば、検索結果の1位にブランド公式のサイト、2位から4位はアフィリエイトサイトの広告が表示されている。2位から4位の説明文の末尾に「提携」という文字が入っているのは、スポンサードサーチのガイドラインで厳格に定められているためです。自社のブランドであれば問題は発生しませんが、もし他社のものを使用するときには、AdWordsとスポンサードサーチのガイドラインをよく確認しよう。また、競合他社のブランド名や製品名を使ってご自身のサイトヘ誘導するのは、一時的にクリック率などを高める効果があるかもしれませんが、結果的に、ご自身のブランドイメージを傷つけ、信頼感を失うという重大なリスクを負うので、絶対にやめましょう。

PAGE TOP