HOME -> SEO用語解説 > ビッグワードでリーチを最大化する

SEO用語解説 - ひ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビッグワードでリーチを最大化する

コンテンツ連動型広告のキーワード選びでは、インプレッション単価とインプレッションにこだわって、あえてビッグワードを狙ってみよう。そのほうが圧倒的に露出効果が高まり、ブランディングの目的も達成できる。広告が何回表示されても、クリックされなければコストは発生しないので、予算をオーバーしない範囲でインプレッション(広告の表示回数)が多いビッグワードを狙うのがいいだろう。また、「少し遠目の関連性」も狙い目だ。さらに、ユーザーがどれだけ熱心に見るコンテンツかという点に注目してキーワード選びをするのも効果的だ。たとえば、アルバイト募集の広告を掲載するにあたって、ターゲット層(=若者)に人気のあるタレント名でコンテンツ連動型広告を出すといったケースなどである。これは意外と効果が高いテクニックなので、検討する価値があるはずだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP