HOME -> SEO用語解説 > ターゲットとセールスポイントは明確に

SEO用語解説 - た

このエントリーをはてなブックマークに追加

ターゲットとセールスポイントは明確に

キーワード広告は固定額制ではなく、クリック課金(Pay Per Click)広告であり、ユーザーに広告をクリックされるたびにコストが発生します。つまり、費用対効果を高めるためには、「コンバージョン率(CVR)の高い広告クリック」を獲得しなければなりません。要は、見込み客であるターゲットユーザーの広告のクリック率(CTR)を高め、ターゲットとならないほかのユーザーの広告クリックをできるだけ抑えることが重要です。これを調整するために、表示される広告テキスト(タイトルと説明文)は非常に重要な要素になります。

広告テキストを作成する際は「何を」「誰に」「どのように伝えるか」という3点を押さえましょう。これは、一見すると簡単に感じるかもしれませんが、この要素をタイトルと説明文とで合わせて50文字程度にまとめ、キーワード単位でしっかり最適化できている広告はそう多くはありません。検索を行ったときに表示される様々な広告を見てみればわかるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP