HOME -> SEO用語解説 > ユーザーをひきつける広告表現の特徴

SEO用語解説 - ゆ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユーザーをひきつける広告表現の特徴

商品のターゲット層とセールスポイントが定まったら、続いてユーザーの購買意欲を高める広告表現について戦略を立ましょう。ユーザーをひきつける表現は、いくつかのパターンに分けることが出来ます。キーワード広告は「ユーザーの目的がしっかり決まっている画面」(=検索結果画面)に表示される広告だから、ユーザーを刺激するような過度なプッシュ広告はあまり適切とはいえません。ただし、検索キーワードと合致した文言を前提としたうえで、以下のような表現は大いに取り入れていきましょう。

・期限が決まっていてその時でしか手に入らない
・数量が限られている (限定100個など)
・現在の流行と大きく関連している
・希少価値の高い物を扱っている

ユーザーの目的を適切に表現することで、競合の広告主との差別化にも繋がります。ただし、ユーザーをひきつける広告表現があまりにも誇張した表現を使うとガイドラインに抵触してしまう可能性があるので注意が必要です。広告テキストが事後審査で不適切と判断された場合、その広告グループのキーワードがすべて掲載停止になってしまうことがあります。その基準は細かく定められているので、ガイドラインは遵守するように細心の注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP