HOME -> SEO用語解説 > 広告が掲載されても油断は禁物

SEO用語解説 - こ

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告が掲載されても油断は禁物

スポンサードサーチは審査プロセスが改善され、キーワードや広告テキストの掲載までの時間が短縮されたが、決して審査そのものがなくなったわけではありません。事後審査によって広告が不承認となるケースももちろんあります。両社とも、記号の不適切な使用はもちろん、審査はキーワードや広告テキストの表現のほかにも、ランディングページや場合によってはサイト内のほかのコンテンツや外部リンク先まで厳しくチェックされます。一度掲載されたからと油断していると、いつの間にか審査で不承認となってずっと掲載されていなかった、ということも起こりうる可能性があります。広告が実際に表示されているかは常に注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP