HOME -> SEO用語解説 > キーワード広告は文章が要

SEO用語解説 - き

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワード広告は文章が要

キーワードを挿入した広告テキストを作成しても、ユーザーに広告をクリックしてもらうためには、もうひと押しが必要な場合があります。他社も同じような広告を出してユーザー獲得を狙っている場合、「キーワードが太字で表示される」というインパクトだけで差をつけることは難しいでしょう。そうすると、ユーザーにとって魅力的な「売り」をいかに文章に盛り込むかということが重要になってきます。デザインで個性を出せるバナー広告とは違い、キーワード広告は文字数やデザインが同じ条件で、決まった枠の中に競合の広告が並んで表示されます。それらの広告枠の中で、自社広告への視線を集めるにはどうすればいいのか考える必要があります。

まずは、自社が設定しているキーワードで実際に検索してみましょう。自社広告の周囲には、競合他社の広告が表示されているはずです。客観的な視点で広告を眺めて、他社と差をつける魅力的な表現を研究することは非常に重要です。広告テキストを作成する際、まず自社のセールスポイントを項目としてしっかり書き出すということはじゅうようですが、ただやみくもに文章に盛り込むのではなく、掲載先の他社広告をチェックしたうえで、他社がアピールしていないセールスポイント、自社のみのアドバンテージを重点的に盛り込んでいくようにしましょう。たとえば、他社が価格の安さをアピールしているとしたらこちらは品揃えや品質をアピールしてみると効果的です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP