HOME -> SEO用語解説 > 季節性の広告テキストは広告グループを分ける

SEO用語解説 - き

季節性の広告テキストは広告グループを分ける

自社サイトの内容が定期的に更新されるのに合わせて、そこへ誘導する広告テキストも定期的に見直しを図る必要があります。とくに注意が必要なのは、期間限定のセールや季節性の商品を扱っている場合です。不要な広告は停止しておかないと、予算を使いつくすまで広告が表示され続けてしまいます。しかも、もし広告がクリックされると、たとえリンク先のページがすでに削除されていて「ページが見つかりません」と表示された場合でも広告費が発生してしまいます。大量の広告を管理するようになると、細かいところまで目がいきとどかなくなることもありますが、無駄なコストをかけないよう注意が必要です。

管理の手間を減らすひとつの方法として、季節性のもの、期間限定のものは広告グループを独立させるという方法がある。広告グループがしっかり整理されていれば、広告グループ全体を定期的にオン・オフすれば取りこばしもなく管理できる。また、「○○種類の商品をご用意」のように、セールスポイントとなる数字が刻々と変化していく場合も、広告テキストで使っている数字を定期的に見直しましょう。本来はもっとインパクトのある数字でアピールできるはずなのに、メインテナンスを怠っているために低い数字でしかアピールできないのはもったいないことです。

PAGE TOP