HOME -> SEO用語解説 > トップページをあえてランディングページに指定する

SEO用語解説 - と

トップページをあえてランディングページに指定する

トップページはランディングページに設定しないのが基本です。しかし、旅行サイトにおける「旅行」や酒のオンラインショップにおける「酒」など、サイト全体の属性を示すような広義なビッグワードを扱うときは、トップページをランディングページに指定したほうがいいケースがあります。「旅行」だけでは、検索ユーザーの目的がパッケージツアーなのか航空券なのか、海外旅行か国内旅行かさえも特定できず、最適なページがどこかを判断できないからだ。また、こういうキーワードで検索してくるユーザーはニーズがまだ具体化していない場合が多いため、むしろ幅広い情報選択肢が用意されたページを好むとも考えられます。トップページをランディングページにするときは、こうしたユーザーのニーズを満たすために、トップページで各階層へのナビゲーションを徹底しておきましょう。会社の宣伝文句で埋め尽くされたようなトップページをランディングページに設定することは禁物です。しかも、広義に用いられるビッグワードは一般に誘導数は多いがクリック単価(CPC)も高く、コストが割高なため、コンバージョンにきちんと到達させなければ大きく採算割れしてしまう。トップページでナビゲーションを適切に設定しておけば幅広い成果獲得の可能性があるので、慎重にLPOと効果測定を行ってビッグワードでもコンバージョンにつながるようなトップページにしていこう。

PAGE TOP