HOME -> SEO用語解説 > ランディングページ専用の静的ページを作る

SEO用語解説 - ら

ランディングページ専用の静的ページを作る

ネットショップなどで商品検索がメインに機能しているサイトの場合、最終的には検索キーワードに合わせた商品一覧の画面にユーザーを誘導したいこともあるでしょう。しかし、動的な検索結果ページを直接ランディングページに指定するのは避けたほうが良いでしょう。かといって、キーワードに合わせていちいち静的ページを用意するのは大変です。こんなときは、商品をある程度カテゴライズした一覧ページを作成し、その中に動的な検索結果へのリンクを設置してショートカットで移動できるようにするといいでしょう。

ユーザーの心理としては、広告をクリックした直後のページが重いよりも、Webサイトヘ移動したあとのページが重いほうがストレスを感じにくいものです。なぜなら、広告からWebサイトにスムーズに移動できれば、そのページに「自分が探している情報がある」ことを確認してとりあえず安心するからです。それでも動的ページが表示されるのが遅くて不安なときは、リンクの近くに「検索結果の表示には少々時間がかかることがあります」など記載しておけば、ユーザーの安心感をより高めることが出来ます。

PAGE TOP