HOME -> SEO用語解説 > 画像を工夫しコンバージョンに繋げる

SEO用語解説 - か

画像を工夫しコンバージョンに繋げる

ランディングページの見出しにキーワードを入れるのは効果的ですが、「検索キーワードを連想させる画像」を配置するのも効果が高い。画像はテキストに比べて直感的にメッセージが伝わるので、視覚的効果の高い商品に適しているといえます。特に効果があるのは、やはり商品の画像です。キーワードと関連性の高い画像をフアーストビューに入れると、ユーザーの目線はまず画像に集中します。ページの文字列を追うよりも直感的にキーワードとページとの関連性を認識させるかとができます。たとえば、「スイーツ 通販」というキーワードからユーザーを誘導してきた場合を考えてみましょう。ランディングページの見出しに「スイーツの通販」とテキストで表示しても、どんな種類のスイーツを扱っているのかなどの情報はページの詳細を読まなければわかりません。そこで、チョコレートケーキやロールケーキなど数種類のスイーツを見栄えよく並べた画像をヘッダーに目立つように設置すると、ユーザーは「このページはチョコレートケーキやロールケーキを扱っているんだな」とひと目で理解して、ユーザーも納得できます。これだけで、離脱率を大きく減らすことができます。ユーザーは、画像を見て納得したあとではじめてページの見出しを読みます。そこで画像から見出しへと順番に目線を誘導することで、ユーザーの関心をぐっとひきつけることができるのです。このパターンは、嗜好性が高く、比較的安価で、衝動買いしやすい消耗品に効果的です。特に食品は視覚効果も高く、画像を工夫することで購買意欲を高め、コンバージョンにつなげることが出来ます。

PAGE TOP