HOME -> SEO用語解説 > パンくずリストの法則は統一する

SEO用語解説 - は

このエントリーをはてなブックマークに追加

パンくずリストの法則は統一する

oyako.png

ユーザーにサイト内を「回遊」させるということは、行き止まりを作ってはいけないことでもあります。


ランディングページがいわゆる末端ページである場合も、パンくずリストを置いておくことで親ページに戻ることができ、そこからの移動がしやすくなります。


たとえば、サイトが「トップページ>親カテゴリー>子カテゴリー」といった階層になっている場合、パンくずリストの法則もこれに揃えましょう。


親カテゴリーに行くつもりが、ページによっては兄弟カテゴリーにパンくずリストが設定されていたりすると、ユーザーの混乱を招いてしまいます。


サイト構造を認識することで、パンくずリストの設計もしやすくなるはずです。ページには必ず親・子・兄弟の関係が存在します。この関係を明確にし、統一した法則にもとづいたパンくずリストをすべてのページに設置するようにしましょう。


【関連情報】

パンくずで見やすいサイトを作る

パンくずリストがあれば階層構造を簡単に把握できる

パンくずリストを利用し上位階層のページのリンクを設置

パンくずリストの右端は必ず現在位置

パンくずリストを見出し周辺に設置する

パンくずリスト制作の3ポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP