HOME -> SEO用語解説 > ユーザーは迷ったらトップページに行く

SEO用語解説 - ゆ

ユーザーは迷ったらトップページに行く

サイト訪問者がトップページを表示する理由は主に2つあります。1つは最初に訪れたページを読んで、サイトや企業そのものに興味をもった場合。もう1つは、サイトの中を動き回っているうちに迷子になってしまった場合です。ユーザーはストレスを感じたらすぐに離脱してしまいます。わざわざトップページヘ移動するというのは、非常にポジティブなアクションと考えて歓迎しましょう。訪問者、とりわけ広告や検索結果などを経由して訪れたユーザーは、自分がどんなサイトに来たのかということを知りません。パンくずナビやグローバルナビなどである程度サイト構造を提示していても、とりあえずトップページに行ってみようと考えるユーザーは少なくありません。

最近は、Webサイトのロゴにトップページヘのリンクを設定している場合が多いので、サイトのロゴを掲載する場合は、ロゴに必ずトップページヘのリンクを設定しておきましょう。この原則はLPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)でも非常に重要です。さらに、グローバルナビやパンくずナビでもトップページヘのリンクが正しく設定されているかどうかをもう一度確認しましょう。「トップページに行きたい」と考えたときにすぐにクリックできるように、トップページヘの導線は複数用意しておきましょう。もちろん、リンク先のトップページのナビゲーションはわかりやすく充実させておく必要があります。トップページはサイト全体のインフォメーションセンターであり、迷ったユーザーがとりあえず駆け込んでくる重要なページです。

PAGE TOP