HOME -> SEO用語解説 > 本来LPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)なら既存のページが理想

SEO用語解説 - ら

本来LPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)なら既存のページが理想

LPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)の本来の理想は、広告のランディングページというミクロな視点ではなく、ユーザビリティを考慮したトータルなサイト構築まで考慮するということにあります。LPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)を徹底したページがサイトの核となるパーツとなり、それらが適切なリンク構造で構築されているのがベストです。とはいえ、LPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)を念頭に置いて新たにサイトを作りはじめるならまだしも、ほとんどの場合は既存のページにLPOを施していくというパターンでしょう。SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)を最優先させていてなかなか手を加えづらいページもあるだろうし、動的ページの場合はシステムによる制約で既存のページのLPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)が難しい場合もあります。そのようなときは、キーワード広告専用のLPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)に特化したページを作ってしまうのも一案です。

PAGE TOP