HOME -> SEO用語解説 > キャンペーン終了後のページの表示に注意

SEO用語解説 - き

キャンペーン終了後のページの表示に注意

キャンペーンや期間限定のページの掲載期間が終了したあとは、広告を止めるだけでいいわけではありません。広告さえ止めればとりあえず無駄なコストの発生は避けられるが、なかにはそのページをお気に入りに登録しているユーザーもいるはずです。広告の誘導効果にはタイムラグがある可能性も十分にあります。掲載期間中にキーワード広告をクリックして、後日ゆっくり見ようと思ってとりあえずブラウザーのお気に入りに登録したとします。あとになって、お気に入りから訪れたときにページがなくなっていると404エラー画面が表示され、ユーザーはかなり失望するはずです。再び検索エンジンで検索しても、もう広告も停止してあるので、そのユーザーの積極的なアクションをすべて断ってしまい、完全に機会損失をすることになります。

キャンペーンが終了したあとも、そのページは可能なかぎり残したままにしておこう。その際、ページ内には「キャンペーンが終了し、現在サービスは提供していないこと」をはっきりと記載しておきましょう。直接のコンバージョンは達成できなくても、ナビゲーションをきっちり設定しておけば、そこからほかのページに誘導できる可能性もあり、少なくとも完全な機会損失は防ぐことができます。

PAGE TOP