HOME -> SEO用語解説 > コンバージョン率と顧客獲得単価

SEO用語解説 - こ

コンバージョン率と顧客獲得単価

インプレッション、クリック数、コスト、コンバージョン数だけならば通常のレポートで抽出できるが、正確な効果測定をするためにはさらに踏み込んだデータが必要となります。広告掲載データのほかに売り上げに関するデータ、つまりコンバージョン数と売り上げ、そして売り上げからコストを引いた損益などがあるが、それらの数値をもとに、ぜひ計算しておきたいのがコンバージョン率(CVR)・顧客獲得単価(CPA)・投資収益率(ROI)の3つです。

コンバージョン率とは、広告1回のクリックに対するコンバージョンの獲得率です。広告1回のクリックが1つの成果につながれば、コンバージョン率は「1」、すなわち100%ということになります。コンバージョン率は高ければ高いほうがいいです。顧客獲得単価とは、1つのコンバージョンを獲得するためにかかった広告コストを表します。これは非常に重要な数値です。1つのコンバージョンから得られる売り上げが顧客獲得単価を上回っていれば、その差分は利益となるが、逆に売り上げが顧客獲得単価を下回っていると、売り上げ以上に広告コストがかかり、損失が出ているということになります。顧客獲得単価は、低いほうが理想的です。

PAGE TOP