HOME -> SEO用語解説 > 成果のないスモールワードは放置しない

SEO用語解説 - す

成果のないスモールワードは放置しない

ミドルワードやスモールワードを安いクリック単価(CPC)で大量にカバーして、全体のコストを下げていくというのがキーワード広告におけるロングテールの基本的な考え方です。しかし、実際に運用を続けると、まったくコンバージョンが発生しないキーワードが出てきます。たとえ多少クリックされていても、コンバージョンに至らなければ、無駄クリックと同じである。ミドルワードやスモールワードなどの中にひそむ中途半端なキーワードは見落としやすいものです。キーワードひとつひとつの単価は安くても、大量に集まると大きなコストとなってしまいます。顧客獲得単価(CPA)を下げるには、コストカットの発想も非常に重要になってくる。

PAGE TOP