HOME -> SEO用語解説 > 穴場はトップ広告枠の最下部

SEO用語解説 - と

このエントリーをはてなブックマークに追加

穴場はトップ広告枠の最下部

検索を利用するユーザーは大きく分けて2種類存在します。ひとつは、広告もオーガニックもあまり意識せず、上から順番に見ていく人。そしてもうひとつは、広告エリアは無視して最初からオーガニックのエリアを見ていく人です。ここでは後者のタイプに注目してみましょう。このタイプのユーザーは比較的インターネットの利用歴が長く、検索リテラシーも高い人が多い。キーワード広告はひと昔前に比べて随分とマッチングの精度が上がったものの、こうしたユーザーから見ればキーワード広告はやはりただの広告という印象が強いはずです。

「オーガニック重視型」のユーザーは、オーガニックの上位に視線を集中させる傾向があります。彼らの視野にいちばん入りやすい広告枠は、「トップ最下部」つまりトップ広告枠に3つの広告が表れているなら、「3位」の位置にある広告です。目当てのサイトがオーガニックエリアですぐに見つかればいいが、見つからなかった場合、視界に入ってくるトップ広告枠の下の広告(広告テキスト)が気になった場合、彼らの視線が上に動く可能性は十分にあります。もちろん、このようなクリックの囲い込みは100%確実とはいえませんが、「トップ広告枠の下部」という位置は、クリック単価が1位と比べて抑えられるうえに、このようなメリットが狙えるという点で、利用してみることもいかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP