HOME -> SEO用語解説 > 損益分岐点と上限入札価格

SEO用語解説 - そ

損益分岐点と上限入札価格

損益分岐点の求め方は簡単です。1回のクリックにかけていいコストを計算すればいいわけですから、単純に売り上げ額をクリック数で割ればいいのです。この数字が上限入札価格の目安となります。たとえば、あるキーワードについてコンバージョンをトラッキングしところ以下のようなデータが導かれたとします。

売上 1000,000円
原価  200,000円
利益  800,000円
クリック数 4,000回

損益分岐点 800,000÷4,000=200

この場合は、つまりクリック単価(CPC)が200円のときに損益がプラスマイナスゼロになるので、200円を超えるクリック単価にならないような上限入札価格の調整が目安になることがわかります。これはあくまでも目安ですので、成果の種類が売り上げ単価によって複数ある場合はコンバージョン率(CVR)よりは判断しやすいでしょう。最初のうちはできれば毎日損益分岐点を測定し、大体の目安を把握しながら少しずつ調節していきましょう。

PAGE TOP