HOME -> SEO用語解説 > AdWordsとスポンサードサーチの違いをキーワードごとに確認する

SEO用語解説 - あ

AdWordsとスポンサードサーチの違いをキーワードごとに確認する

GoogleグーグルとYahoo!JAPANヤフージャパンを個別のキーワードで見ると、極端に開きがあるキーワードもあるため注意が必要になってきます。Yahoo!JAPANヤフージャパンのほうがユーザーが多いと決めつけてかかると、あるキーワードでは圧倒的にGoogleグーグルのインプレッションのほうが多かったという場合もあります。一般的な傾向としては、技術用語やビジネス用語などはGoogleグーグルのAdWordsのほうが、インプレッションもクリック数も多く、ジャンルを問わず、複合語や細かなキーワードなど複雑な検索ではAdWordsのほうが高くなる傾向にあるようです。

しかし、こうした常識も、近年のインターネットユーザーの増加と利用者の多様性の前では通用しなくなってきています。そのためキーワード広告にあてられる予算が十分にあるのならAdWordsとスポンサードサーチを並行して運用するのがベストでしょう。とはいえ多くの企業では、投下できる予算も限られていると思うので、そのような場合は、キーワードごとにAdWordsとスポンサードサーチで予算配分を変える必要性が出てきます。

PAGE TOP