HOME -> SEO用語解説 > GoogleとYahoo!JAPANの違いを確認する際はコンバージョンまで見きわめることも大事

SEO用語解説 - く

GoogleとYahoo!JAPANの違いを確認する際はコンバージョンまで見きわめることも大事

GoogleグーグルとYahoo!JAPANヤフージャパンでインプレッションの開きが2倍に満たないときは、インプレッションだけで判断するのはやめましょう。AdWordsとスポンサードサーチの両者でしばらく運用してみて、クリック率(CTR)、コンバージョンなど投資対効果も見ながら判断しましょう。また、なかには「インプレッションはGoogleグーグルのほうが多いが、コンバージョンはYahoo!JAPANヤフージャパンのほうが結果的に多かった」という場合もあります。AdWordsとスポンサードサーチで極端にコンバージョンが違う場合もありますが、その場合、同じキーワードでも、ターゲットユーザーが違う可能性が考えられる。その場合は、それぞれの広告テキストを変えてみる、という対策が考えられでしょう。なおインプレッション数を確認する場合、AdWordsでは標準でコンテンツターゲットのインプレッションが多く現れるので、必ずそれを除いた検索連動型広告の数同士で比較するように心がけましょう。

PAGE TOP