HOME -> SEO用語解説 > キーワードに関連するビッグニュースが嵐を起こす

SEO用語解説 - き

キーワードに関連するビッグニュースが嵐を起こす

キーワードの検索数がある日突然激増する場合があります。これは、マスコミでキーワードが紹介されたことなどが原因であったり、まったく関係のないニュースでキーワードがマッチしてしまっていることもあります。毎日さまざまなニュースが飛び交っています。そのひとつひとつのニュースが、常に何らかのキーワードの検索数に大きな影響をあたえているのは間違いありません。特にご自身が登録しているキーワードに関するビッグニュースは要注意です。検索数が増加すると、インプレッション、クリック数も当然激増しますが、残念ながらこうしたクリックの大半は興味本位や間違いクリック、なんとなくのクリックが多いため、コンバージョンが伴うことはほとんどありません。

一般的なニュースの影響は10日間程度続き、そのあと元の状態にもどるケースが大半です。中にはニュースの効果に便乗し、上位に表示させることによってコンバージョンを増やそうとする広告主もいるかもしれませんが、こうした効率の悪いクリックを稼いでもなかなかコンバージョンまで結びつかず、顧客獲得単価は普段よりも割高になってしまうことも多いでしょう。このようなニュースが流れた場合、一時的に該当のキーワードをオフにして嵐がおさまるのを待つのも賢明な方法でしょう。当然その期間の機会損失は痛いが、膨大な無駄クリックで直接のコストが発生するよりはダメージは浅く済ますことが出来るでしょう。

PAGE TOP