HOME -> SEO用語解説 > Google Analyticsでスポンサードサーチも同時に解析可能にする

SEO用語解説 - く

このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Analyticsでスポンサードサーチも同時に解析可能にする

GoogleAnalyticsのキャンペーン機能を利用して、スポンサードサーチも解析できるようにしてみましょう。キャンペーンは、URLに付属したパラメータを元にアクセスを区別して、解析する機能です。スポンサードサーチの広告テキストを設定する際に、リンク先URLにパラメータを含んだURLを登録すれば、それをキャンペーンとしてGoogle Analyticsで解析可能になります。Google Analyticsは「utm」ではじまるパラメータを認識します。この際に文字列は、日本語でも英語でも大丈夫です。必ず指定しなければならないパラメータは「utm_source」と「utm_media」の2つです。

2つは、Google Analyticsの画面上に「参照元」として表示されるので、わかりやすいようにここでは「utm_source=overture」、「utm_media=cpc」などと指定しておくといいだろう。もう1つ使うと便利なパラメータは「utm_campaign」です。これがGoogle Analyticsの画面上のキャンペーンにリストで表示されます。ここに広告グループがわかるような名前を指定しておけばわかりやすくなります。こうすれば、Yahoo!JAPANからのオーガニックと広告のアクセスが区別でき、かつその広告ごとにセッション数や離脱率、滞在時間といった詳細なデータ、さらにコンバージョンまで解析が可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP