HOME -> SEO用語解説 > Google AdWordsの出稿手順(2)

SEO用語解説 - く

Google AdWordsの出稿手順(2)

(7)1日あたりの予算額と、1クリックあたりの単価(上限額)を設定します。競合広告が多い場合、1クリックあたりの単価を高く設定することで、広告領域の上位に表示されやすくなります。入力できたら、「次へ」ボタンをクリックします。

(8)作成した広告の確認を行ないます。また、サポートのメールを受け取るかどうかの選択と、AdWordsを知った場所についてのアンケート項目がありますので、適当な項目を選択します。問題がなければ、「申し込みを続行」ボタンをクリックします。

(9)Googleグーグルアカウントを既に所有している場合は、そのアカウントでAdWordsを連用することができます。所有していない場合は、新規にGoogleグーグルアカウントを作成できます。既存のアカウントを使用する場合は、メールアドレスとパスワ一ドを入力してから「次へ」ボタンをクリックします。新たにアカウントを作成する場合は、連絡用メールアドレスを入力してから新しいパスワードを決定して「アカウントを作成」ボタンをクリックします。

(10)既存のアカウントに紐付けが完了するか、新しくアカウントを作成すると、「AdWords広告アカウントの作成が完了」したことが表示されます。ちなみに、この時点では、まだ支払い方法を設定していないので、広告は表示されません。また、どこにも請求は行われません。このあと、AdWordsのアカウント内で、広告費の支払い方法を設定します。次に、「AdWords広告アカウントにログインします」のリンクをクリックして、AdWordsにログインします。

(11)AdWordsにログインすると、「お支払い情報を送信して下さい」というメッセージが表示されています。そのリンクをクリックします。

(12)請求先住所の国名を選択します。「日本」を選択すると、タイムゾーン欄にも「日本」が表示されます。もしそうならなかった場合は、タイムゾーン欄も「日本」に設定します。設定できたら「次へ」ボタンをクリックします。

(13)支払い方法を選択します。「後払い」か「前払い」を選択できます。「後払い」はクレジットカード決済のみですが、「前払い」は銀行振込かクレジットカード決済を選択可能です。選択できたら「次へ」ボタンをクリックします。

(14)利用規約が表示されるので、同意できるなら「はい」をクリックします。そして、「次へ」ボタンをクリックします。

(15)クレジットカード決済の場合、カード番号と、請求先住所の人力を行ないます。銀行振込の場合は、銀行振込手続きのために必要な手順が表示されます。確認後、請求先住所の入力を行ないます。入力できたら、「保存して開始」ボタンをクリックします。

(16)支払い設定が完了した通知が表示されます。以上で完了です。

PAGE TOP