HOME -> SEO用語解説 > DMOZ/Googleグーグルディレクトリへの登録申請手順

SEO用語解説 - て

DMOZ/Googleグーグルディレクトリへの登録申請手順

DMOZは、「World」から始まるディレクトリで世界中のWebサイトを1つの大きな階層構造で表現しています。日本語のWebサイトの場合は、必ず「World>Japanese」のカテゴリ以下に掲載されます。 Japaneseカテゴリ以下には様々なカテゴリがありますので、自分のWebサイトに最も近いカテゴリを探して、そこから申請を行います。

(1)ご自身が登録されたいカテゴリを探します。利用するのは、DMOZ側からでもGoogleディレクトリ側からでも構いません。

(2)カテゴリが見つかったら、ページの下部などを見て、編集担当者がいるかどうかを確認します。DMOZには、各カテゴリ、ディレクトリ単位で、「エディタ」と呼ばれる審査担当者が存在します。しかし、ボランティアベースで連用されているため、すべてのカテゴリにエティタがいるわけではありません。カテゴリの中には、「エディタを募集中です」と表示されているカテゴリも存在します。その掲示がある場合は、担当者が不在ですから登録申請をしても掲載はあまり期待できません。担当者がいない場合は、他のカテゴリで合致するものがないか検討するのもよいでしょう。

(3)登録したいカテゴリが見つかったら、そのページ内に存在する「URLを推薦」または「URLを登録する」などのリンクをクリックします。

(4)登録申請に必要な情報の入力を行います。必要な項目にもれなく記述しましょう。ここで入力が必要なのは、次の4点だけです。

・登録したいWebサイトのURL
・Webサイトのタイトル
・Webサイトの説明(全角40文字程度)
・メールアドレス

タイトルや説明文では、宣伝的な表現を使わないようにします。また、そのような表現があると担当者が受ける印象が悪くなってしまう可能性もあるでしょう。説明文の制限は「全角40文字程度」ですから、Yahoo!JAPANヤフージャパンカテゴリの制限と同じです。 Yahoo!JAPANヤフージャパンカテゴリの申請に使った簡潔な表現をそのまま使うとよいでしょう。

(5)全ての項目の記載を終えたら、下部の「送信」ボタンをクリックして送信します。

(6)申請が受理された旨が表示されれば完了です。あとは、無事に登録されることを待つのみです。

PAGE TOP