HOME -> SEO用語解説 > リンク切れは早急に修正する

SEO用語解説 - り

リンク切れは早急に修正する

リンクしている先のページが存在しないことをリンク切れと呼びます。リンク切れは放置してはいけません。発見した際は早急に修正するようにしましょう。サイト内にリンク切れが存在すると、ユーザー、見込み客に悪い印象を与えてしまいます。ご自身のサイトがメンテナンスを怠っているとも考えられる可能性もあります。又、このことは検索エンジンからも良くは評価されません。特に、ディレクトリ型検索サイトヘの登録審査では、リンク切れは大きなマイナス要因になってしまいます。極カリンク切れは放置しないようにし新たにリンクを作った場合は必ず正しく移動できることを確認しましょう。リンク切れのパターンは大きく分けて2種類に分けられます。

(1)リンク先がご自身のWebサイト内のページの場合
(2)リンク先が外部のWebサイトの場合

1の場合のリンク切れは特に放置しておいてはいけません。ご自身のWebサイト内のページヘのリンクでリンク切れがあると、メンテナンスがされずに、サイトが更新されずに古い情報しかそこにしかないように思われます。実際がどうであれ、更新頻度も低いように感じられてしまいます。結果、リピーターの獲得も難しくなるでしょう。

2の外部サイトへのリンクの場合、トップページではないページヘ直接リンクしていた場合は、リンク先のページが削除されただけかも知れないので、トップページヘアクセスしてみて移動したのか削除されたのか確認してみましょう。尚、トップページも消えてしまっている場合は、Webサイトが移転されたのかも知れません。検索エンジンからWebサイト名などで検索して、移転先を探しましょう。

PAGE TOP