HOME -> SEO用語解説 > イラストや写真はユーザーが自由に取り込める素材に加工する

SEO用語解説 - い

このエントリーをはてなブックマークに追加

イラストや写真はユーザーが自由に取り込める素材に加工する

ご自身のサイト内でイラストや写真などを公開しているなら、ぜひ壁紙用画像などに加工して配布できる素材にしましょう。これは、ユーザー、見込み客が個人的に利用する素材だけでなく、Webサイトで自由に使えるフリ一素材に加工して公開するのも良いでしょう。より多くの人に役立つ素材として提供可能になれば、Webサイトの価値が高まります。結果、リピーターも増加していくでしょう。

・壁紙用画像
イラストや写真をパソコンのデスクトップに設定して使う壁紙用画像に加工して公関してみましょう。

800×600・1024×768・1280×1024

代表的なデスクトップサイズが上記の3種類です。これにカレンダーなどを描き加えることで、便利な壁紙に変身します。毎月定期的に更新していけば、リピーターになってもらえる可能性も高まります。

・Web用フリー素材
メニュー用ボタンやWebページの背景画像など、Webサイト上で自由に活用できるWeb素材として提供してみましょう。素材の利用者サイトからのリンクが期待できます。また、Web素材に限定した検索サイトに登録することで、そこからのアクセスアップを図れます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP