HOME -> SEO用語解説 > スプラッシュページの役割

SEO用語解説 - す

このエントリーをはてなブックマークに追加

スプラッシュページの役割

sp2.png

トップページの直前に設置する、1つの大きな画像や映像を表示するだけのページのことをスプラッシュページと呼びます。


主にスプラッシュページでは、大きな画像やFlash動画などが中央に配置され、「Enter」や「入口」といった名称でのリンクが1つだけ存在します。


このスプラッシュページは、SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)面ではデメリットでしかありません。


イメージが重要なプロモーションサイトなどで、デザインの一部として活用したいなどの理由がある場合はともかく、そうでないならほとんど意味がありません。


よほど芸術的なデサインやイメージが重要なのでない限り、スプラッシュページの使用は避けましょう。



【関連情報】

スプラッシュページは使えるのか...

スプラッシュページを使用した際のデメリット

スプラッシュページを設けたい場合


【スプラッシュページについて解説しているサイト】

スプラッシュページとは

スプラッシュページとは(WEB、コールセンター、デザイン/DTPの専門用語集)

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP