HOME -> SEO用語解説 > スプラッシュページを使用した際のデメリット

SEO用語解説 - す

このエントリーをはてなブックマークに追加

スプラッシュページを使用した際のデメリット

sp.png

スプラッシュページ(フル画面表示されたFlashや動画などをトップページに表示したページ)を使用することで発生するデメリットは、サイト内の各ページヘのリンクなどを配置したトップページと、その直前のスフラッシュページの2つが存在するので、トップページが2階層になってしまい、獲得リンク数が分散してしまうことが考えられます。


・スプラッシュページ=外部リンクは集まるが、内部で最適化しにくい
スプラッシュページを用意している場合、リンクしてくれる人々はおそらくトップページではなくスプラッシュページにリンクしてくれるでしょう。


すると、スプラッシュページは外部リンクを多く獲得できることになります。しかし、自身のサイト内のほかのページから「トップに戻るリンク」を作る際は、スプラッシュページではなくトップページにリンクするでしょう。すると、得られる「被リンク数」がスプラッシュページとトップページに分散されてしまいます。


また、スプラッシュページには文章量が少ない(もしくはまったくない)ために、キーワードを用いた最適化ができません。これらのように内的要因での最適化ができないため、検索結果の上位に入ることは期待しにくくなります。


・トップページ=内部で最適化はできるが、外部リンクが集まりにくい
トップページが内的要因から最適化できていれば、このトップページに外部リンクを多く集めることで、大きなSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)効果が期待できます。


しかしスプラッシュページがある場合は、外部リンクがスプラッシュページに集まってしまうため、トップページには集まりにくくなってしまいます。


このように、Webサイトの最初が、スプラッシュページと、トップページの2段階構成になっている場合は、「外部リンクを獲得できているページ」と、「内的要因からの最適化ができているページ」が異なります。その結果、検索エンジンからの評価が分散してしまい、どちらのページにもあまり大きなSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)効果が期待できません。


【関連情報】

スプラッシュページの役割

スプラッシュページは使えるのか...

スプラッシュページを設けたい場合


【スプラッシュページについて解説しているサイト】

スプラッシュページとは

スプラッシュページとは(WEB、コールセンター、デザイン/DTPの専門用語集)

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP