HOME -> SEO用語解説 > スプラッシュページを設けたい場合

SEO用語解説 - す

このエントリーをはてなブックマークに追加

スプラッシュページを設けたい場合

home.png

極力スプラッシュページは使用しないほうがいいのですが、どうしてもスプラッシュページを設置したい場合、最適化に必要な要素をスプラッシュページにも含めるようにしましょう。


ある程度の分量の文章をHTMLの各要素を活用して記述すれば、スプラッシュページでも特定のキーワードに最適化することは可能です。


そのことで、スプラッシュページが検索結果にヒットできる可能性が高められます。ただし、その労力を使うならスプラッシュページをなくす方が容易にトップページを最適化できるでしょう。


もしご自身がスプラッシュページを用意する必要がない場合、スプラッシュページは廃止しましょう。トップページの見た目を重視したくてスプラッシュページを用意したい場合、トップページの上部や右上端などにビジュアル的要素を配置する領域を用意することで代替できないか考慮して下さい。



【関連情報】

スプラッシュページの役割

スプラッシュページは使えるのか...

スプラッシュページを使用した際のデメリット


【スプラッシュページについて解説しているサイト】

スプラッシュページとは

スプラッシュページとは(WEB、コールセンター、デザイン/DTPの専門用語集)

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP