HOME -> SEO用語解説 > JavaScriptで生成しない方がよいもの

SEO用語解説 - し

JavaScriptで生成しない方がよいもの

クライアントサイドのスクリプト、JavaScriptなどでは以下のものは、生成しないようにしましょう。

1.検索に重要なキーワード等の文字列
検索エンジンはJavaScriptで生成された文字列を一切読みません。従って、検索に関係する重要な文字列をJavaScriptを使用して生成しても意味を成しません。それらをスクリプトで生成すると、スクリプトが実行できない環境で閲覧しているユーザー、見込み客にも情報を伝えることが出来なくなります。

2.リンクやページ移動処理
検索エンジンのクローラーがたどれるリンクは、HTMLのa要素を使って記述されたリンクのみです。スクリプトで生成されるリンクや、スクリプトを使って移動する処理は、検索エンジンは解釈しません。従って、JavaScriptなどで移動処理を行うプルダウンメニューを用いたナビゲーションなどは、検索エンジンには解釈されません。

又、クライアント側で実行されるスクリプトと異なり、サーバ側で実行される「サーバサイドスクリプト」には問題ありません。サーバ側で実行されるということは、クライアント側が受け取るのはスクリプトのソースではなく、スクリプトが実行された結果だけだからです。この場合、ユーザー、見込み客の閲覧環境はまったく関係がないため、どんな環境でも問題なくアクセス可能です。

PAGE TOP