HOME -> SEO用語解説 > コメント欄を設置するメリット

SEO用語解説 - こ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント欄を設置するメリット

blogkuchikomi.png

ブログには、エントリごとにコメントを投稿できるフォームが設置されています。これは、必ずしも設置しなければいけないわけではありませんが、コメント投稿機能を用意しておくと次のようなメリットが発生します。


(1)ユーザー、見込み客にコンテンツを増やしてもらえる
コメント欄がページにあると、コメントが投稿されるごとにそのページの情報が増えることになります。情報量が増えればそれだけぺ一ジの価値も高まりますし、同一話題の内容が多ければ検索結果にヒットする可能性も高まります。

(2)コミュニティ機能として活用する
コメントとして投稿される内容には、関連する情報や質問などが考えられます。そのような投稿が行なわれることでコミュニティとして機能し、リピーターを増やすことに関連する可能性もあります。


しかし、コメント欄を設置することによりデメリットも発生します。


コメント欄を設置するデメリットは:


(1)コメントを書いてくれない場合、人気がないサイトだという印象を訪問者に与える

この問題の対処策としてはSNSや、メルマガなどを通じて知り合いや既知の既存客に積極的にコメントを書いてもらうよう働きかけるというものがあります。


(2)ネガティブなコメントが書かれるとブログ運営者のモチベーションがさがり、そうしたコメントを見る他のユーザーも気まずい思いをしたり、ブログ運営者を信頼できなくなる恐れがある

この問題を避けるには、コメント投稿は全て事前審査制にして問題の無いコメントだけを承認してページに反映させるという方法があります。ほとんどのブログシステムにはそうした機能がついています。


などです。


結局のところ、ブログにコメント欄を設置すればよいかどうかはブログ管理者の姿勢や好みによって変わります。

無理をせず自分の性格や、会社でやっている場合は基本方針に沿って運用するようにして下さい。


【関連情報】

ブログ

ブログとSEO対策の関係

ブログの弱点

ブログで会社やスタッフの素顔を伝える

理想のブログとは

影響力のあるブログの特徴

本気ブログにリンクを張る

コメント欄を設置するメリット


このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP