HOME -> SEO用語解説 > スパム対策(2)

SEO用語解説 - す

このエントリーをはてなブックマークに追加

スパム対策(2)

(3)URLの記述を禁止する
スパム投稿の目的の多くは、特定のサイトヘの誘導です。そのため、本文中にはURLが含まれる可能性が非常に高いと考えられます。従って、URLが記述されている投稿をすべてブロックしてしまうことでも、スパムの多くを防ぐことが可能です。

(4)本文に日本語が含まれない場合は拒否する
掲示板やコメント機能のあるページが日本語サイトの場合、投稿本文に日本語文字が必ず含まれると考えられます。そこで、日本語文字が1つも含まれていない投稿を自動的に拒否することで、外国からのスパムを防ぐことが可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP