HOME -> SEO用語解説 > meta要素でHTMLに付加情報を記述する

SEO用語解説 - め

meta要素でHTMLに付加情報を記述する

HTMLには、ページ内の概要文や関連キーワード、使用している文字コードやサイト管理者・連絡先など、様々な付加情報を記述しておくことが出来るしくみが設置されています。これは、ブラウザで閲覧する場合、視覚的には何も表示されません。その存在はユーザー、見込み客は気づくことはありません。検索エンジンも、ブラウザもそこに記述された内容はきっちり読んでいますので、忘れずに記述しておきましょう。そのページの紹介文は特に、適切に記述しておけばSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)効果を期待できます。又、文字コードは文字化けを防ぐ為非常に有効です。それらの補足情報は、HTMLのhead要素内にmeta要素を使って記述します。

PAGE TOP