HOME -> SEO用語解説 > meta要素で文字コードも記述する

SEO用語解説 - め

meta要素で文字コードも記述する

meta要素を活用することで、HTMLの記述に使用している文字コードを記述しておくことが可能です。もちろん、記述せずともブラウザは自動的に文字コードを判別してくれますが、判別ミスが発生するとページ全体が文字化けする現象が起こります。このような問題を未然に回避する為にも、使用している文字コードをmeta要素に記述しておきましょう。

日本語をコンピュータ上で表現する場合、幾らかの文字コードが存在します。例えば、WindowsやMac上では、「SHIFT-JIS]コードが一般的に使われますが、Linux上では、「EUC」コードが一般的です。また、最近では、「UTF-8」コードなどのUnicodeも使用されます。メールでは「JIS」(ISO-2022-JP)コードが使われます。実際の記述に使われている正しい文字コードを使って解釈しないと、ページ全体が文字化けしてしまいます。様々な現象を回避する為にも、HTML中にはどの文字コードで書かれているのかをきちんと記述しておくことが大切です。

PAGE TOP