HOME -> SEO用語解説 > 文法チェッカーを活用して検索エンジンに内容を正しく解釈させる

SEO用語解説 - ふ

文法チェッカーを活用して検索エンジンに内容を正しく解釈させる

HTMLやスタイルシートは、できる限り文法に沿って的確に記述するよ心がけましょう。的確な文法を使用しない場合、検索エンジンは機械である為、ご自身の意図を正しく解釈してもらえない可能性があります。その結果、ご自身が望む重視して欲しい箇所が重視してもらえないなどSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)面での効果が薄れてしまうことになります。ご自身のページの内容を検索エンジンに正確に解釈してもらうには、正しい文法で可能な限り、誤りのないページを記述していることが第一条件になります。

又、HTMLの文法が正確でない場合、HTMLの各要素に対してデザインを施すスタイルシートによる装飾もうまくいかないことかあります。文法を的確に記述することは、SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)面以外にも多大なメリットが発生しますので、厳密に文法チェックをし、的確な文法で記述するよう心がけましょう。多くのブラウザは、文法的に誤りがあった場合でも適当に解釈してうまく表示しようとします。最終的な文法的に正しいかどうかの確認の際は、文法をチェックしてくれるサービスを活用しましょう。

無料で活用できるできる文法チェックサービスが幾つか存在しますので、それらを利用して文法をチェックする事が可能です。特に文法をチェックした際に、日本語で解説も読める文法チェッカーとして、(Another HTML lint)が有名で便利です。また、W3C(World Wide Web Consortium)が提供している文法チェッカーも存在します。こちらの場合は、文法的に問題がなければ、正しい文法に準拠していることを示すボタンがダウンロードできるようになります。ダウンロードして掲載することで、文法を意識してページを製作していることを示すことができます。

PAGE TOP