HOME -> SEO用語解説 > SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)効果も発揮できるメニュー項目

SEO用語解説 - え

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)効果も発揮できるメニュー項目

メニュー自体は、項目を選択することで該当するページに移動できるナビゲーションなので、各項目は当然ながらリンクになっています。従って、項目名にはキーワードを含めておきましょう。結果、リンク先ページの最適化に役立ちます。閲覧者にとって分かりやすく、なおかつキーワードを含められるようなメニュ一項目名が一番望ましいでしょう。

たいていの場合、そのコーナーで扱われている話題を端的に表わす単語がキーワードになっているはずなので、単にキーワードをそのままメニュー項目にしても問題にはなりません。しかし、メニュー1項目あたりに広いスペースを占有させることはできません。従って、メニュー項目に長い文字列を記載することはできません。その為、テキストリンクではうまくキーワードを含められない場合もあります。そのような場合、メニュー項目を画像で作成して、補足的な部分の文字サイズを小さくすることで、比較的長い文字列を含めることが可能になります。

メニュー項目を画像で制作する場合、代替文字を必ず記載しておきましょう。それにより、画像の読み込み段階でもクリック可能になりますし、検索エンジンにも適切に内容が伝達できます。この方法なら、あまりメニュー項目のスペースを取らすに、ある程度のキーワードを含めたメニューにできます。ただし、画像の代替文字にたくさんの文字列を含みすぎるとスパムとして扱われる危険性はありますので。画像上に実際に表示されている文字だけを代替文字に含めるように注意しましょう。

PAGE TOP