HOME -> SEO用語解説 > バナー画像を掲載する側の好みを考え抜く

SEO用語解説 - は

バナー画像を掲載する側の好みを考え抜く

バナー画像はただ自己主張をするだけでは意味を成しません。、掲載する側のこともきちんと思考する必要があるのです。例えばアニメーションするバナーを用意した場合、アニメーションが好みでないユーザー、見込み客のために静止画のバナーも用意しましょう。ページの配色にも注意すればさらに選択肢がふえます。ページの配色は大きく分けて次の2種類があり、

背景が明るくて文字が暗い配色
背景が暗くて文字が明るい配色

が主なパターンです。双方に対応できるバナー画像を用意しておくと、リンクしてくれるユーザー、見込み客のページデザインに合致したバナーを使用してもらいやすくなります。できるだけたくさんの選択肢を用意しておくことで、よりリンクしてもらえる可能性は激増するでしょう。

PAGE TOP