HOME -> SEO用語解説 > URLを移動させる場合はリダイレクトを忘れずに

SEO用語解説 - ゆ

URLを移動させる場合はリダイレクトを忘れずに

大幅にWebサイト内の構成を変更するなどの目的で、URLを変更することになる場合は、リダイレクトするようにしましょう。 Webサーバの設定を使用すれば、元のURLから新しいURLへリダイレクトするように設定が可能です。この機能を生かして、元のURLが無効にならないようにします。リダイレクトするように設定しておけば、外部サイトからのリンクを切らずに済む上、検索エンジンからの評価値もリダイレクト先に引き継ぐ事が可能です。

リダイレクト処理には、HTTPステータスコードによって永久的な移転、一時的な移転の2種類が存在します。ブラウザはどちらでも自動移動してくれますが、検索エンジンの解釈は異なる点に注意が必要であす。一時的な移転だと、検索エンジンはデータベースを更新しないため、旧URLの評価値は引き継がれないと考えることが出来ます。

PAGE TOP