HOME -> SEO用語解説 > ユーザー、見込み客、サイト訪問者を絞り込むキーワード

SEO用語解説 - き

ユーザー、見込み客、サイト訪問者を絞り込むキーワード

希望するユーザー、見込み客、サイト訪問者のみに広告にクリックしてもらえるようにする手法として、広告の表示箇所を限定して次のような絞り込み方法があります。絞り込めば絞り込むほど競合広告の数量が減少するので、より低い広告予算での出稿が可能です。人気キーワードを利用する場合、限定する何らかのキーワードを加えて、可能なかぎり絞り込む方が無駄な広告費を使わずに済みます。

・地域名で絞り込む 
地域で対象が絞れる場合、地域名を加えます。
「英会話 東京」、「パソコン教室 福岡 」、「テニスクラブ 大阪」など

・特徴を含めたキーワードで限定する
ユーザー、見込み客は、ジャンル名のみではなく、対象の特徴を加えて絞り込もうとする可能性もあります。
「カメラ 防水」、「野菜 無農薬」、「パソコン 激安」など

・季節の旬や特別な日に限定する
人気キーワードでも、季節毎の旬なキーワードや特別な日を組み込めば、競合広告は自ずと減少します。これは季節限定で出稿してみる場合に活用できます。
「紅茶 お中元」、「ケーキ クリスマス」、「カーネーション 母の日」など

・入力ミスをターゲットにする
スペルミスや誤変換・勘違いなどの入力ミスで検索された場合を想定したキーワードだと、本来のキーワードよりも競合広告は少ないでしょう。「Google」→「Gooogle」、「ブログ」→「プログ」、「Yahoo!」→「Yahuu!」など

PAGE TOP