HOME -> SEO用語解説 > キーワード広告には検索数の多すぎる人気単語を使用しない

SEO用語解説 - き

キーワード広告には検索数の多すぎる人気単語を使用しない

キーワード広告には人気の高いキーワードを使用しないようにすることが最重要課題です。広告費さえ出せば検索結果に必ず表示させられるので、検索数の非常に多い人気単語で広告を出せば良いと思うかもしれませんが、人気の高すぎるキーワードの場合、クリック単価が高額なため、1クリックだけで高額な予算を消耗してしまう危険性が充分に存在、発生します。

人気キーワード1語のみで検索された場合は、キーワードが絞り込まれていないため、ユーザー、見込み客の目的が多様です。御社サイトの情報とユーザー、見込み客の目的が合致せず、離脱される可能性が増加します。高額な広告費を出しているのにもかかわらず離脱率も高いという、非常に無駄なことになってしまいます。ゆえに人気の高いキーワードで広告を出してもあまり効果は期待できません。

キーワード広告には、SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)対策でも十分なアクセスを集められると考えられる程度のキーワードを選択しておくことです。1語だけよりも複数の単語を組み合わせた検索語を考えておく方が、ユーザー、見込み客の二ーズが絞り込め、ユーザー、見込み客の目的とサイトの情報が合致する可能性が増加します。

PAGE TOP