HOME -> SEO用語解説 > 間違われやすいキーワード

SEO用語解説 - き

このエントリーをはてなブックマークに追加

間違われやすいキーワード

間違われやすいキーワードとはキーワードによって間違って検索されやすいものがあります。例えば、「Google」を「Gooogle」と打ってしまうような、連続する同じアルファベットの数が多かったり少なかったりする場合があります。

また、「背景」を「拝啓」と打ってしまったり、「検索」を「建策」と打ってしまったりするような、漢字変換をミスしてしまう場合もあります。「作成」と「作製」のように読みも意味も同じ場合は特に間違われやすい。これらのような間違われやすいキーワードを使う場合は、間違って検索された場合にもヒットするような配慮をしましょう。

具体的に間違った単語もページ中に含めておきます。ページ中に記述しさえすれば、検索にヒットする可能性があります。ただし、間違われやすいキーワードを書いておく場合は、わざと間違えて書いている理由も記載しておかないと、誤りを指摘されたり、信用を落とすことに繋がり、相当の注意を必要とします。特に英単語の場合は、単純にタイプミスだと思われます。

こうすることで、誤った検索をしたユーザーも逃さすに取り込むことができます。なお、誤った結果の単語が有名な単語でない限り、特に最適化の必要はないでしょう。間違った単語が使われたページ数はそれほど多くないと考えられるので、さほど最適化に気を遣う必要はありません。

ページ中に最低1つ含ませておけば十分であると思います。ただし、誤った結果、有名な単語になってしまう場合は、最適化が必要かも知れません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP