HOME -> SEO用語解説 > LPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)はユーザー,見込み客の即離脱を防ぐ手法

SEO用語解説 - ら

LPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)はユーザー,見込み客の即離脱を防ぐ手法

LPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)とは、簡潔に言えば見込み客の直帰を防ぐ対策です。ユーザーがアクセスしてくれたページのテーマ・構造を考慮することにより、ユーザーをできるだけ直帰させずにより多くのページを閲覧してもらう、もしくは、管理者が望むアクションをできるだけ起こしてもらうための工夫を総称してLPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)といいます。

「ランディング」とは着地という意味で、「ランディングページ」とはユーザーが一番初めに訪れるページのことを指します。検索サイトなどの多くのWebサイトから見込み客が得られても、1ページ閲覧しただけで離脱されてはほとんど意味を成しません。

Webサイト本来の目的には商品販売・資料請求など、訪問者、見込み客に対して望むアクションがあります。見込み客を目的に誘導する方法が肝要になってきます。
SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)やSMO(Social Media optimization ソーシャルメディア最適化)の各手法を用いて、アクセスを集うだけでは足りません。集めた見込み客をサイト内に適切に誘導するLPO(Landing Page optimization ランディングページ最適化)こそ最重要課題です。

ランディングページを閲覧した直後に離脱してしまう理由の多くは、「面白くなかった」「望む情報がなかった」、「望む情報が本当はあったが示せなかった」、「望む情報はあるが理解しにくかった」、「サイト内に望む情報はあるが、ランディングページは全く異なるページだった」です。ランディングページのテーマが誘導したいテーマと異なる場合には、新規にユーザーが求める適確なページを設けること。

PAGE TOP