HOME -> SEO用語解説 > キーワード広告・リスティング広告の仕組みとは?

SEO用語解説 - き

キーワード広告・リスティング広告の仕組みとは?

検索エンジンなどで検索されたページに表示されている広告のことをキーワード広告、またはリスティング広告といいます。そのほとんどが、1クリックごとに課金されるクリック課金です。主に検索結果ページの上端や右端などに表示されています。

Googleグーグルから提供されているキーワード広告サービス「AdWords」の場合、1クリック=1円から出稿可能です。キーワード広告の掲載スペース内での掲載順位は、1クリックの単価を高くした順に掲載される、オークション形式が基本です。1つのキ一ワードに複数の会社が出稿している場合、上位に表示するためには、ある程度単価を高くする必要があります。

提供会社によっては、検索結果ページ以外にも、提携サイトの広告スペースに掲載範囲を広げることも可能です。検索結果ページに表示される広告は、検索連動型広告、提携サイトの広告スペースに表示される広告を、コンテンツ連動型広告、と呼ばれます。双方の出稿方法に違いはなく、御社が指定したキーワードに該当するページに自動的に広告が表示されます。

検索連動型・コンテンツ連動型の両方が、Googleグーグルが提供している「AdWords」やYahoo! JAPAN ヤフージャパン・ MSNが採用するOvertureの「スポンサードサーチ」で、提供されています。提携サイトは、個人サイトのケースや、企業サイトの場合もあります。掲載されたくないサイトを設定したり、検索結果ページだけへの広告として出稿することも可能です。

コンテンツ連動型広告は、話題が合致する場所に、ページの内容と広告内容を判断して、自動的に表示されます。自動的に決定されるため、掲載場所を広告主が選ぶことはできません。しかし、テーマが合致する多くのサイトに幅広く出稿できるメリットもあります。御社が広告を記載する際は、1日の上限予算や1ヵ月の上限予算を決定することが可能ですが、予算を消化してしまうと広告は表示されなくなりますので注意が必要です。

PAGE TOP