HOME -> SEO用語解説 > LPO(Landing Page optimization : ランディングページ最適化)

SEO用語解説 - ら

LPO(Landing Page optimization : ランディングページ最適化)

インターネット広告や検索エンジンから御社サイトへのアクセスが、コンバージョン(商品購入などの、サイト上での最終成果)に結びつきやすいように、ランディングページ(購入ページ)を調整・改善することの総称です。せっかくアクセスしても、1ページ閲覧しただけで他のサイトヘ移動してしまうユーザー、見込み客が多い場合があります。それは、ユーザー、見込み客が最初に見たページの内容がその人の求めているものと異なっていたか、分かりにくかったことなどが要因として考えられます。

ユーザー、見込み客を逃してしまっては、いくら検索サイトからのアクセス数が増えても全く意味かありません。アクセスしてくれたユーザー、見込み客をサイト内で適切に誘導するテクニックがLPO(Landing Page optimization : ランディングページ最適化)です。サイトユーザーが1ページだけ見て離脱されないように、ランディングページからブラウザを閉じてサイトを去ってしまうことを極力防ぎ、スムーズに目的の商品購入や、資料請求などのアクションに誘導できるようにランディングページを最適化します。

これによって、コンバージョン率を高め、インターネット広告やSEOに投資したコストのROIを高めることができます。
それには広告や検索結果をクリックした見込み客の目的、要望に見合ったランディングページを予め用意しておきます。
LPO(Landing Page optimization : ランディングページ最適化)の第一の目標は、ランディングページでの離脱率を抑えることです。インターネット広告やSEOで、どんなに有望な見込み客を、どんなにたくさん御社サイトの購入入口=ランディングページまで連れてくることができても、全員がそこで立ち去ってしまってはだめなのです。

LPO(Landing Page optimization : ランディングページ最適化)では、インターネット広告や検索キーワードなど、サイトへの入口によって異なる「サイト来訪者、見込み客の目的や要望」を汲み取り、それぞれの期待に応えるコンテンツや情報があるページを、ランディングページに設定することが重要です。


必要があれば、サイトから独立した「専用ランディングページ」を用意します。
広告や検索キーワードなどによっては、今現在の時点で御社のWebサイト内に用意されているページの中から、最適な購入入口=ランディングページを見つけることが難しい場合もあります。

「xxxについて役立つ情報を探している」途中で検索エンジン広告に惹かれてサイトを訪れたと考えられ、具体的に購入を検討している商品が決定しているわけではありません。訪問者自身がどのような商品が必要なのか、どんな便利な商品があるのかも把握していないケースも多いと思われます。

よって、単一の具体的な商品一覧ページをランディングページに設定するよりも、「◎◎に役立つ様々な商品やライフスタイルを提案・紹介」するようなランディングページを新たに用意した方が効果的だと考えられます。

PAGE TOP