HOME -> SEO用語解説 > リンク元を増やしてPageRankページランクを引き上げる方法(16)

SEO用語解説 - へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

リンク元を増やしてPageRankページランクを引き上げる方法(16)

相互リンクの依頼をしましょう(7)  
相互リンクを行う上での注意点とは?
相互リンクを積極的に行うことはGoogleグーグルSEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上、上質の効果がありますが次の点には充分なご注意をお払いください。

(1)お相手のサイトがご自身のサイトにリンクを張ってくれなくても削除する必要はありません。

お相手のサイトがリンクを張ってくれなくても、最初のうちはずっと放置しておいたほうが良いでしょう。削除するとご自身のサイトの中のリンク集の情報が減ってしまい、見栄えが悪くなり、他の人たちにとって魅力的でなくなくってしまうからです。

お相手の情報を削除する手間と時間があったら、別の方のサイトをもっと見つけて相互リンク依頼のメールを出したほうがご自身のサイトのためになります。また、お相手のサイト、ページを何回もチェックを行うことや、「まだリンクを張ってくれていないですね。いつ張ってくれるのですか?」などというメールを出すことは、絶対におやめになってください。

リンクを張ったのはそれこそあなたが勝手に行ったことですので、お相手の方にはかなりの迷惑です。気分が悪いものです。そうしたメールを出すのだけは絶対におやめになってください。

(2)相互リンクする際、お互いのサイトのテーマや取り扱っているジャンルに関連しなくても良しとします。

相手のサイトがあなたのサイトと同じテーマや関連したテーマだと非常にあなたのサイトの情報が充実して、ユーザーにとってもプラスになることでしょう。しかし、同じテーマのサイトだけに絞ってしまうと、結果的に相互リンク依頼をする相手が極端に減ってしまいます。

同じテーマのサイトを中心にしつつも、そのほかのジャンルやまったく関係のないテーマのサイトにも相互リンク依頼を出しましょう。なぜなら、Googleグーグルでは、PageRankページランクの高いサイトからキーワードの含まれたフレーズでリンクされることが、もっともGoogleグーグルでの上位表示に有効です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP