HOME -> SEO用語解説 > PageRankページランク(2)

SEO用語解説 - へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageRankページランク(2)

PageRankページランクは「内申書」のようなものです。
GoogleグーグルのPageRankページランク機能は、まさにGoogleグーグルSEO対策の肝となる部分です。ご自身のサイトのPageRankページランクを高くすることは非常に重要です。

PageRankページランクが高いとそれだけ検索結果ページで上位表示される傾向があるからです。あくまでも傾向があるということで、実際のGoogleグーグルでの検索結果を見てみると、PageRankページランクが低いページが高いページより上位表示されていることがよくあります。

これは、PageRankページランクが検索結果の順位を決定する要素のすべてではないということを意味します。それではなぜPageRankページランクが高いページが低いページの下に表示されることがあるのでしょうか?それは、順位決定にはPageRankページランクのはかにいくつかの重要な要素があるからです。

PageRankページランクは高校受験のときの「内申書」のようなものだということです。
担任の先生が各生徒に与える内申書の評価だけで志望校の試験の合否は決まるわけではありません。おおむね内申書の評価が高ければ試験で無理をしなくても、マイペースで勉強しさえれば志望校は通りやすいという傾向があります。ご自身のサイトの内申書であるPageRankページランクを意識して、普段からそれを高める努力をすることは決して忘れないでください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP