HOME -> SEO用語解説 > GoogleグーグルSEO対策上位表示テクニック(36)

SEO用語解説 - く

このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleグーグルSEO対策上位表示テクニック(36)

ブログはGoogleグーグルSEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上有効な手段です。ネット上ではブログという簡易ホームページプログラムが流行しています。ブログにはいくつかのタイプがありますが、現在人気のあるMovable TypeやLivedoorBlogなどのブログサービスは、記事を投稿すると自動的にHTMLが生成され、ほかのページからリンクされるものです。

Googleグーグルが一番認識しやすくて好むファイルのタイプはHTMLで、なおかつページとページがいろいろなキーワードでリンクされているものです。これらのブログは非常に検索エンジンと親和性が高く、検索結果で上位表示されています。

これまでは、日記帳や掲示板のほとんどが無料CGIレンタルサービスを開いたり、自分独白のCGIプログラムをサーバーにインストールしてました。 CGI形式のファイルはすでに述べたように、検索エンジンが読み込みづらくて、GoogleグーグルSEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上では不利なものです。ブログが登場するまでは、ネット上で情報を公開するには、誰かの掲示板に情報を書き込むか、ほとんどの場合サイトの作り方を自分で学び努力する必要がありました。

多くの才能があってもサイトの作り方までは学習できない人たちはネットの世界から締め出されていました。しかし、ブログの登場によりサイト制作ができない人たちもブログの操作方法さえ覚えればをネット上で情報発信することができるようになりました。

2004年12月にケーブルが取り込んだページの数は、それまでの40億ページから一気にその倍の80億ページを超えるようになりました。これだけ膨大なページがネット上に増えた理由の1つはブログが世界中でたくさん生まれたからであると推測できます。

ブログの管理者が毎日のように記事を投稿する度にそのブログサイトのHTMLページが増えているのです。結論として「ブログはGoogleグーグルSEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上効果があるか?」という質問のお答えは「はい、あります。」ということになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP