HOME -> SEO用語解説 > GoogleグーグルSEO対策上位表示テクニック(17)

SEO用語解説 - く

このエントリーをはてなブックマークに追加

GoogleグーグルSEO対策上位表示テクニック(17)

極力手作りのページ、HTMLページを増やしましょう。サイトを構成する各ページのファイル形式は

(1)HTMLファイル......文字を含むことができるファイル形式
(2)GIF画像ファイル......色数が少ない画像専用のファイル形式
(3)JPG画像ファイル......写真など色数が多い画像専用のファイル形式が、基本の3大ファイル形式です。

この3つがあればほとんどのサイトはしっかりと作れます。GoogleグーグルSEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上で重要なことは、Googleグーグルインデックスクローラーが認識できるテキスト、つまり文字を含むことができるHTMLファイルのページを増やすことです。HTMLファイルというのは、拡張子が「.html」、「.htm」のいずれか2種類です。よく私たちがサイトを見るときにもっとも見かけるタイプです。

HTMLファイル以外には「.cgi」、「.asp」、「.jsp」、「.php」、「.pl」などデータベースから情報を引き出して自動的にページを生成するダイナミックページがよくありますが、これらはGoogleグーグルインデックスクローラーだけでなくYahoo!ヤフーのYST(Yahoo! Search Technology)マイクロソフトのMSNサーチでもページの認識度が低くて、SEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上不利なファイル形式です。

不利な形式のページばかりがご自身のサイトにあると、Googleグーグルインデックスクローラーなどのロボット型検索エンジンは「ご自身のサイトには、情報があまり多くない」と判断してしまい、結果として上位表示が達成しにくくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP