HOME -> SEO用語解説 > GoogleグーグルSEO対策上位表示テクニック(7)

SEO用語解説 - く

GoogleグーグルSEO対策上位表示テクニック(7)

第三者からキーワードの入った言葉でリンクしていただきましょう。「トップページからほかのページにリンクを張るときに、キーワードの入ったフレーズでリンクするとGoogleグーグルの検索順位が上がる」という現象は、ご自身のページが他人のサイトからリンクされるときにも当てはまります。

他人のサイトからあなたのトップページがキーワードでリンクされると、Googleグーグルはリンクされたあなたのページを上位表示するようになります。この傾向は、ほかのキーワードで検索しても見られるものです。しかも競争率が激しいキーワードで検索するとその傾向はより高くなります。

たとえば「こちら」という言葉をGoogleグーグルで検索すると69,000,000件もの検索結果が出てきます。しかし、上位表示されているページには「こちら」という文字はたくさんあるどころか1つもありません。

「こちら」という文字が1つも無いのに検索結果で上位表示されるというのは本来あってはならないことです。「こちら」という文字で検索した結果、上位に表示されているサイトをよく見てみると、1つの共通点があります。それは非常に多くのサイトから、「こちら」という文字がはいったフレーズでリンクされているということです。

Googleグーグル検索結果1位(2005年10月現在)の「Acrobat Reader」や、2位の「Macromedia Flash Playerダウンロードセンター」も、ネット上で無償のソフトやプラグインを配布しているため、数多くのサイトから「xxxをお持ちでない方はこちらでダウンロード出来ます」などというフレーズでリンクされているのです。

PAGE TOP