HOME -> SEO用語解説 > YST(Yahoo! Search Technology)のリンク対策[1]

SEO用語解説 - や

YST(Yahoo! Search Technology)のリンク対策[1]

Googleグーグルで上位表示するのには、外部サイトからのリンクを増やす必要があります。リンクの数だけでなく、多くのサイトからリンクされているページからリンクされる必要があります。この鉄則だけを守ってきちんとコツコツと対策を行っていけば、Googleグーグルで上位表示が可能です。

YST(Yahoo! Search Technology)は、Googleグーグルほど甘くはありません。「何が巌しいのか」というと、YST(Yahoo! Search Technology)ではリンク元のページがたくさんあってもそれらが同じドメイン名のサイトからリンクされていたら、1つ1つをすべてリンク元として認識しないようです。
 
これは、他のサイトを調べても同じです。Googleグーグルで上位表示するためには、上位表示したいサイトのトップページに対し、別に作成したサイトのすべてのページ(たとえば100ページ程度)から一斉にリンクをすれば上位表示が可能です。YST(Yahoo! Search Technology)ではこのテクニックは使えません。それゆえGoogleグーグルではほとんどのサイトを上位表示できる人たちが、YST(Yahoo! Search Technology)では思ったようにいかなくて困っているのを幾例も筆者は見てきました。

(1)関連したテーマのサイトからのリンクの確保

リンク元に関してもう1つわかった非常に重大な発見はYST(Yahoo! Search Technology)では関連性の薄い、まったく関係のないテーマのサイトからページがリンクされていても、Googleグーグルと比べると、ほとんど上位表示に貢献しないという点です。ご自身のサイトのトップページをリンクしてもらう為には、ご自身のサイトテーマに関連性のないサイトではなく、なるべく関連性のあるテーマのサイトからリンクしてもらうことがYST(Yahoo! Search Technology)対策上、重要です。

Googleグーグルも徐々にそのような傾向になっていく可能性がありますので、関連性のないテーマのサイトからのリンク確保も重要ですが、なるべく意識して関連性のあるサイトからリンクしてもらうよう心がけてください。しかし、ここで問題なのが、よく考えてみると関連性のあるテーマのサイトの多くは、ライバル企業のサイトだったり、ご自身のサイトを厳しく見るサイトが多いので、容易に上位表示できません。ここでYahoo! ヤフーの厳しさを垣間見ることができます。その厳しさに負けずに乗り越えて、ライバルやより厳しい目を持った第三者からもリンクされて、紹介されるぐらいのクオリティの高い情報を提供するようコツコツと努力することが必要不可欠であります。

PAGE TOP